事業内容について



Ⅰ 基盤業務、各種試験等事業

① 会員及び一般外部からの依頼試験、依頼研究等を実施するとともに、 日常業務の中で生まれる疑問点、お困り事などを解決するための技術相談、技術指導および機器使用、実習生、研修生の受け入れ等のサービス業務を実施しています。

② 潤滑油に関わるトピックなテーマを集めたセミナーを、必要に応じ適宜開催しています。 また潤滑油の種類と適切な使い方等について最新の知識を学んでいただく研修プログラムとして、体験研修を組み込んだ各種のJALOS技術講習会を定期開催しています。

③ 各種機関、団体等の専門委員会・研究会における活動への参画、潤滑油に係る様々なノウハウを掲載した月刊情報誌「JALOSニュース」の発行、 および情報の宝庫である「潤滑油協会のホームページへようこそ」(http://www.jalos.or.jp/)を通じた情報提供業務に務めています。

④ JIS規格原案作成に関する業務、並びにJASO(日本自動車規格)エンジン試験用標準油等の供給業務および JASOエンジン油(2サイクル油、2輪4サイクル油、ディーゼルエンジン油)のオンファイル業務を実施しています。 また、JCMAS(建設機械用油圧作動油規格)の試験用標準油の供給業務およびJCMAS油圧作動油、JCMASグリースのオンファイル業務を行っています。

⑤ 企画委員会等において、潤滑油を取り巻く基本的諸問題について調査、検討しております。 リサイクル問題については、潤滑油リサイクル対策委員会を中心に、また、防衛省潤滑油規格の内容見直しや制定の必要性等の検討は、 防衛省品質規格検討会において活動を行っています。

⑥ 普及用、教育用ビデオの貸出し
潤滑油に関する専門知識を視聴覚によって広く普及するため、普及用、教育用ビデオの貸出しを行っています(DVD・VHSビデオ)。


Ⅱ 潤滑油の品質確保事業等支援事業

潤滑油の安定供給の確保を図ることを目的に、 潤滑油製品の品質の向上対策、規格の整備、試験分析方法の改良、並びに潤滑油製造業に従事する従業員に対する研修会の実施等の潤滑油の品質確保事業等支援事業を行っています。

① 潤滑油の品質・認証に関する調査研究事業
潤滑油を供給する各社の試験精度および品質管理水準の維持向上を支援するとともに、 ユーザーの潤滑油製品の品質に対する信頼性をより向上するためのシステム作りについて調査研究しています。 潤滑油製品全般を対象に、品質確保のために必要かつタイムリーなテーマについて、試験研究、データ収集等を行っています。

② 潤滑油の規格・標準に関する調査研究事業
ガソリンエンジン油について考えてみますと、日常使われている規格の表示はJIS表示ではなく、 米国石油協会(API)サービス分類や米国自動車技術会(SAE)粘度グレードが一般的です。 潤滑油製品は多品種にわたるとともに、グローバル化が進んでいますが、統一された標準はまだありません。 実用的な規格の整備に向け、試験方法、品質保証制度等の実態調査に取り組んでいます。

③ 事業継続計画推進事業
東日本大震災以降、経済活動の分野では緊急時における生産拠点、物流網といったサプライチェーンの確保が課題となっています。 潤滑油製品を安定的に供給できるように事業継続計画(BCP)の普及に取り組んでいます。

④ 潤滑油に関する人材養成事業
高度化する製造設備に対応した人材育成の社会的ニーズ等、近年、設備管理技術者の養成、確保に対する要望は高まりつつあります。 潤滑診断技術者の育成、環境保全・保安、防災対策、労働安全衛生対策に関する知識の普及、意識の高揚、情報交換等を推進しています。
オイルの日(7月10日)に潤滑油研究会を定期開催するとともに、保安防災研修会、技術センターの設備を活用した試験分析実習、 現地におもむいて開催する地方研修会や現地試験方法研修会を行っています。

⑤ 関連する情報の収集と資料室の開放、国際交流等
専門誌の定期講読、学会活動への参画、各種シンポジウムへの参加等、情報交換を行い内外の最新情報を収集し、 資料室において閲覧に供するとともに、ホームページ等を通じ情報提供しています。潤滑油に関する内外現地事情調査等を実施するとともに、 海外関係機関や関係者との交流および情報収集を積極的に推進しています。
設備機器の高度化、国際化に伴い、潤滑油の使用環境は拡大し、あらゆる場面で使われる潤滑油の統計情報は、確度の高いデータを把握することが大切です。 関連団体との情報交換、ネットの活用等により、我が国の潤滑油統計の更なる充実と精度向上を目指しています。


Ⅲ 潤滑油品質安定化調査・分析事業

自動車の省燃費化が注目されるなか、燃費の向上につながる「低粘度潤滑油」の利用が拡大しています。 低粘度潤滑油については品質に係る統一的な規格がないことから、誤って粗悪品を使用した場合、運転トラブルを引き起こす可能性があります。 そのため国内における低粘度潤滑油に関する実態調査や品質評価方法の検討を行っています。

① 低粘度潤滑油実態調査
低粘度潤滑油の使用実態、求められる品質、実施されている評価方法や課題等について情報を収集し、分析、取りまとめを行っています

② 低粘度潤滑油の評価方法の検討
従来のエンジン試験方法では評価が難しい省燃費性、蒸発性、耐摩耗性などの項目を評価するために、最適な試験条件の確立を目指しています。




Copyright(c) 1999-2017 Japan Lubricating Oil Society. All Rights Reserved.